FC2ブログ
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日--時--分--秒コメント:-

明日で終わりです。ようやく終わり。最初は長いと思ったものだが終わってみるとまあこんなもんかな。

2006年06月30日22時57分17秒コメント:0

http://www.youtube.com/watch?v=EYbUCvz1LYE
http://www.youtube.com/watch?v=BUgKb-5u6v4

実にいい動きだ。デヴィッド・バーン。音楽も最高にかっこいい。

2006年06月30日19時59分32秒コメント:0

丸井の水着写真は最高に好きだ。公式サイトにある写真が最高にかわいい。他の人はどうだか知らんが俺は一番左の人が水着、顔含めて好きだ。ああ、実にいい。

2006年06月30日15時31分01秒コメント:0

B型H系が来週オールカラーらしい。な、なんてこった……素晴らし過ぎて脳汁が出そうだ

2006年06月30日13時57分21秒コメント:0

生きろ。生きてくれ

2006年06月30日12時39分31秒コメント:0

不思議と単語が覚えられない。自分でも驚愕した。単語書いて3分すると忘れる。本当に役に立たない頭だ

2006年06月30日03時54分08秒コメント:0

最近何気無く書いたことが批判やら非難やらにとられてるということが悲しい。僕は批判するつもりなんかなくてただ脳味噌から沸いてきた言葉を書き連ねてるだけなんです。そういう解釈をされるのは心外です。ってこれもまた批判みたいになってる。上手く書けないもんだな。つうかやっぱ携帯は駄目だ。打ちにくい。打つ速度が遅くて脳から沸き上がる物体Xの速度に追い付いていない。置いてけぼりだ。今見返してみると段々エントリ数は減っているがどんどん一つのエントリの長さが長くなってる。肥大化。文章をまとめる力がありませんよって宣言してるみたいで恥ずかしい。今恥ずかしいって打ったら「(*^^*)」というのが予測されてきた。正直言って顔文字なんて要らないから値段を安くするなり通信速度を早くするなりキーレスポンスの速度をもっとあげてほしい。あと登録語数が少ない。「災厄」が無いって何考えてんだ。「素数」すらなかった。意味分からん。顔文字より遥かに重要だろ。こんな機種女子高生は買わないよ。なんだかなあ。顔文字使っていいのは和くらいなもんだよ。正直。「子守唄」も和だけ。他の人は使用禁止。皆はっきり言って和みたい
に愛を込めて「子守唄」って携帯に打ってんのかってこと。打って無いだろ?そういう適当な姿勢で和の魂を汚しちゃアカン。アカンで。お前らが「子守唄」に込める気持ちと和が「子守唄」に込める気持ちなんて何十倍、何百倍って差がある。ドラゴンボールで言ったらセルとヤムチャくらいの差だよ。サッカーで言うと京都パープルサンガとバレンシアくらいの差。一般人なんか足元にも及ばないくらいの愛。まさしく愛情が込もってるどころか収まり切らなくて溢れだしてるんだよ!そういうことだからこれを見たあとはもう「子守唄」ってワードを使っちゃダメ。自分が込めた愛が和を越えたって自信がある時だけ使って欲しい。俺は警告の為に使ったが正直言って恥ずかしい気持ちでいっぱいだ。皆もこれからは肝に命じておいて欲しい。

2006年06月30日02時21分22秒コメント:0

輪湖君が7.5なら僕は6点代前半ですね。ははは、面白いや。

2006年06月29日23時43分14秒コメント:0

思春期のど真ん中16歳にして将来の不安も焦燥感もみんな死ねばいい的な破滅思想も胸が張り裂けそうな故意も怠惰な気持ちも打ち込む何かも存在していなくてただただ楽しいと思う気持ちだけが存在している。女子高生たちのブログを読んで手(あれが普通の人かどうかは分からん思想ではないとは思うが)同じ時間人生を生きてきた人と言うかこんな人たちが自分と同じ年齢でこの世に存在していること自体がよく分からない。多分人生について悩んだのなんて中3くらいが最後。己はいかにして生きるかについて一応それなり、本当にそれなりに悩んで結局得たのは「楽しいことをやればいい」という結論。そこから僕の感覚や常識は坂道を転げ落ちるどころか自由落下を超える速さで堕ちていき今ではこんな屍を晒しているわけだ。どこにいったのだろうかね?恋愛はまあともかくとして落ち込んで友達やら歌に励まされるなんてことを普通にやっている人間がいることに驚きと戸惑いを感じる。最近落ち込まなくなった。と言うよりそんな感情が絵が色あせるように消え去ってしまった。楽しい以外の感情はどこに行ったのか。感動は少しあって怒りもまあまああって悲しみはほとんどなくて悩みなんて存在しない。こう、つまらんのかも知れんな。いや、彼女がいて電話口で起こられるとか礼拝で自分の体験をぐだぐだくっちゃべりたいとか友達のメールで泣いたりしたくはないがそれでなくてももうちょっと何かあるだろ。ないんか。ないんだろうな。僕の心は乾いたんじゃなくて土ごと消え去って中身が何もない真空だらけになったんでしょうね。今さらそんなことで悩みはしないがよく評判を知りたくてレビューとか見ると「何度も泣いた」「感動して涙が止まらない」「これ読んで立ち直った」見たいな感想が列記してある作品があって、ためしに読んでみると物の見事に泣けなかったりする。感動はするんだけどね。いい話だなあとは思うんだけどね。泣けないし人生に悩みもないから何の感慨も起こらん。人生この先生きれば悩みも出てくるんだろうが、思春期にそういう体験をしないのは損みたいなことを考えてしまう。そしてこれは多分洗脳だ。最近気付いた。アルジャーノンに花束をは好きだが、感動して泣いたりは出来ないしどっちかっていうと救いのない話に読める。女子高生とか見ててこの人たちは今までどういう人生を送ってきたのか、俺と何が違ったのか、頭の隅にそういう疑問があるがそれはきっとどこが違うなんていってんじゃなくて開始のスタートラインから全て違ってきたんだろうな。いろんなとこで曲がりまくったのか曲がらなすぎたのかは知らんがきっとそういうこと。羨ましいとは思わないが時々向こう側を見つめて「ふ~ん」みたいに感心したりはする。日本に住む人がヨーロッパの風習を見て感心する感じ。異文化。異世界。あっちとこっちは断絶されていて二度と交わることもない。僕は向こうの生活をこっちから覗き穴を覗くように覗いてそれで分かったつもりにでもなるんだろう。向こうも同じでそう考えるとやっぱり人は分かりあえない。だから僕は自分と同じ世界にいる人を求める。そんな人と一緒にいたいと思う。自分と同じ世界に人はいないが近いところに人はいると思う。多分。その人と知り合えればなあ。一人の世界は居心地がいいけど二人でもまた違った居心地の良さなんだろう。愛のあるセックスも何も分からん人間は人と語り合えるだけでいいです。高望みはしない。多分今の自分は女子高生とセックスより本当に機の会う人とお話しするほうを望むのだろう。性欲とは別物。人を信じてなくて寄り添う気持ちもないからそういうことを考える。寄り添いもしなクセに弱くて一人前に幸せとか考えてる辺りが思春期か。そんなこともないからきっと涙も流れないんだろう。映画で感動して泣いてる人を心の中で疑うのだろう。うそ臭いと思うのだろう。多分その涙は一瞬の涙で自分の世界で泣いてるわけじゃなくてその世界に入り込んで泣いている。だから直ぐに自分の世界に戻ってこれるんだ。ずっと泣けってことじゃなくて。なんかうそ臭いという感情を禁じえない。本を読むのは楽しいから。涙は出ないけど楽しいしね。恐怖も感じる。屍鬼は怖い。面白い。放っておくとこれだけ適当に色々書いてしまう自分はきっと病気だ。治療方法は書くだけ。昔は別なものを書いてたけど今は日記か。日記?なのか。わからん。多分読み返すこともないだろう。今書いてるこの瞬間だけが世界だしそれ以外は記録だし未来なんて存在してないものだからな。ここまで読む人はさすがにいないしこんなの読むくらいなら小説読むなりした方がいいと思う。勉強は苦手で関本は多分点数を取れなくて5とか成績がつくんだろう。リアルな未来に戦慄はしない。淡々と。坦々と。思う。思考。勉強しないと休み中にエロゲが出来ないのでやります。今年はエロゲ、小説、夏期講習の3本立て。語感がいい。カルパッチョは最高峰。あれ以上のものを見つけたことがない。短い単語なのにこれだけ語感がいいのも珍しい。「マグロのカルパッチョクリームソース添え」適当に言っても大丈夫。何も大丈夫じゃない。頭が特に。死に掛けた頭が紡いだ言葉なんて意味もクソもないものだ。ただの羅列。離れ島が続くかのような飛び飛びの思考が露わとなるだけ。ペシミスト。でいいんだっけ。悲観主義者だったような気がするが自信が全くないので後で辞書で調べる。パソコンっていくらなんでも誤変換が多すぎる。来年の記念祭は小冊子を作りたい。みんなでリレー小説とかしたい。ぐっさんとかになんか書いて欲しい。イオさんたちにも頑張って欲しい。

2006年06月29日18時22分30秒コメント:0

小説を読んで今さっき2巻が読み終わったんですがあまりにいいところで終わってしまって楽しみで仕方なくて今が試験期間中じゃなかったら明日朝一番に書店に走って残り3巻一気に買って休日使って読み倒すところだったんですが惜しくらむは残り3教科が英語、世界史、地学という点数を取らねばならぬ科目どもで明日一日かけなきゃいけなくて、地学だって勉強しなきゃいけないので勉強の邪魔になるものは当然増やしてはならない訳で屍鬼買ったら勉強なんかほっぽってしまう可能性大。よって読むのは試験後。悔しいけど、これって期末なのよね。残り3教科小説を捨てた分点数取らないと哀しみで胸が張り裂けてしまうでしょう。

2006年06月29日02時36分12秒コメント:0

うわあ、もうこれすげえなあ。いや、屍鬼の話ですが。面白い。実に面白い。恐怖の書き方が巧い。ずるりずるりと這上がって来る怪異の書き方が実に素晴らしい。こういうのは小説の方が素晴らしいものが多いので小説読まない人はこういうのに触れられなくて人生損してるなあと思います。

2006年06月29日00時36分29秒コメント:0

久々に自分の部屋でゴキブリを見た。小さかったがここで見逃せば後でどんな災厄を引き起こすか分からないので瞬殺しました。

2006年06月28日22時51分35秒コメント:0

20060628220049
ふたなり

2006年06月28日22時00分49秒コメント:0

結局「私変態だよね~」発言の意図は「私変態だよね~」「嘘~全然違うよ~○○ちゃんかわいいよ~」というやり取りのためだと言う結論に達しました。違うかもしれんが。「○○ちゃんかわいいよね~」「ええ~○○ちゃんのほうがかわいいよ~」という小学生の時に聞きまくったイライラする会話と一緒だな。

2006年06月28日20時41分00秒コメント:0

いま考えてみればさっきのエントリは特定の人の批判のようにも見えますが全く持ってそんなような意図はありません。いや、これホント。

2006年06月28日17時06分06秒コメント:0

次のページ
 
トップ

01  03  12  07  05  04  01  04  03  01  12  11  10  09  07  06  04  03  02  01  12  11  12  08  07  06  05  03  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 

 
 
 
Copryright(c) 2006 どこまでも嘘八百. All Rights Reserved.
Created by 素材屋さんブログ.