FC2ブログ
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日--時--分--秒コメント:-

学校今日みたいな日だけだといいのに

学校が早く終わったので家で映画を見てた。蒼井優と上野樹里が出ていた。可愛い、可愛すぎる。こんなものが世の中にあるのかと感動してしまった。彼女たちのような可愛い子をみているだけで世界の存在が許された気になる。途中二人が防波堤の上で話すシーンがハイライト。こんな可愛い二人が1M以内に接近して存在していることが奇跡に思える。とても他の何かなんか入れる隙のない、完全に収束したしまった世界。小宇宙。実に素晴らしい映画でした。蒼井優のドレッド(?)が実に似合ってる。可愛いとどんな髪型をしようが似合う。

2006年11月29日23時55分35秒コメント:0

筒井康隆より星新一の方が好き

みんななんだかイライラしているような気がする。受験がだんだん現実味を帯び始め、今までよりいっそう勉強のプレッシャーがかかっているからだろうか。それに加えて、いろいろな行事があったりもするし。ストレスのせいでしょうか?無責任、脳天気の僕にはあまり関係のない話ですが。ヘラヘラ生きることにかけては自信ありです。

この何年間かで学んだことは人が自分の生活に口出しするという状況はろくなもんじゃないってこと。議論すらする気のない人間と一緒に暮らせる道理がない。まああと1年とちょっと。長いような短いような。

2006年11月29日01時18分34秒コメント:1

ATOKに慣れすぎてワード打ちづらい

古文がなかなか終わらない。訳とか大丈夫なんだろうか。資料丸写しでないのである程度わかるものの、前後の流れを知らないため、誰と誰がどういう繋がりなのかわからない。話の焦点である小一条院が誰かわからず苦しい。でも明日古文まで学校をさぼるのは非常に癪なので、頑張って終わらせてとっとと学校に行く。

何が悪いと言えば時間配分の悪さだし、要は関係ない本を図書館や本屋で読むなってことなんですけどまあ、無理ですよね。あそこは一度はまったら抜け出せない。ちょっと面白そうな本をぱらぱらめくってるうちにあっと言う間に時間が経ってしまう。かといって5時からレポートやっても能率が上がらなさそうな気がする。やっぱり本を読むのがいいのだ。そうやって肯定していきます。

イルボン2000のスマイルレススマイルが本当にカッコいい。年末は電気みます。髭がトリらしくてものすごい興奮している。とりあえず未だ借りてないアルバムを早く借りる。

2006年11月27日00時30分49秒コメント:0

ワタシハタケダワタシハタケダワタシハタケダワタシハタケダワタシハタケダワタシハタケダワタシハタケダワタシハタケダ

2006年11月24日15時21分46秒コメント:0

ワタシハタケダワタシハタケダワタシハタケダ

2006年11月24日15時21分46秒コメント:2

珍しく充実した休日でした。

試験が近い。漢文のテストが返ってきてすらいないのにだ。中間は数学が驚愕の点数を叩き出していたので期末でやらなくてはならない。じゃあ英語とか余裕かって当たり前だがそんなわけもなくこちらも努力をしなくてはならない。そして塾のテストもちょうど重なっている。本当にぴったり重なっている。いい加減にしろといいたい。絵に描いたような危機的状況では無かろうか。成績7は死守したい。本来7なんて死守するような成績ではないんだがな。

いろいろ話を聞くと武蔵って本当に居心地のいい場所だなと思います。右へ倣えというような雰囲気がないし、みんながそれぞれ集まって適当なことしてる。流行もなければ廃りもない。ブームは各人の中で勝手に起きて勝手に廃れる。こういう状態は本当に居心地がいい。一人の精神や価値観、一つの流行に縛られるとロクなものが生まれないと思うし、たぶん今よりは面白くないと思う。なんだかんだでここに来たのは正解だなって最後の記念祭を前に思います。
最後の記念祭、最初で最後になる自分の団体づくりはそういう武蔵の良さが全面に出るような素晴らしいものにしたい。自分たちはこれをやったんだと胸を張って言えるようなものに絶対なると思うんで、みんな好き勝手書いて欲しい。ただ当然いろんな人に見せる上でのボーダーラインは考えて欲しい。まあ大体のことは通すつもりでいますが、一応ね。

2006年11月24日02時55分24秒コメント:0

二次元に何を求めてるか。エロはあるがすべてではない。「友達の代わりに」って言ってAVを買う中学生みたいだ。

いつの間にかこのブログが知らない間にネットで話題になってて一日のPVが5000とかになっててもカウンターを置いてないので分かりません。今のところそういう事態にはなってないと思う。一日20くらいか?他の人たちのと違って夜に一回の定期更新だから、一日一回見ればいい省エネブログです。余計なパケ代は払わせないぜ!!みたいな。

春口、今日は遅刻してごめんなさいでした。予定(しかも重要な)を完全に忘れるという社会性の完全に欠如した行動をしてしまいました。次回から気をつけます。

2006年11月23日01時51分52秒コメント:0

他人を誉める嘘ってものすごく新しい。というか勘違いしすぎだ。

普段から武蔵の環境にいるとどこら辺からが引かれる境界線なのかよく分からない。特に下と二次元関連は本当に分からない。これじゃあ外の社会に出てから困るんだろうなと凄く思う。知らない間にドン引きでした、とかは避けたい。こういう心配をしているということは変な趣味を持っているからなのだが、今更環境が変わったところで止められる気がしない。かといって開き直れるほどはっちゃけてもいない。中途半端なところにいると悩みが多くて困る。

小学生、中学生の時はおっぱい=エロさ、みたいなところはあったんだが最近そういうのはなくなってきている。尻が小さい方が好きなのは小学生の頃から一貫しているんだけど、年が上がるごとに胸に対する欲望がなくなってきた。グラビアアイドルに興味を失っていったのも胸に対する思いが冷めていくのと被る。これは何を意味しているのだろうか?このまま行くと胸がない人が好みになるのか?今も若干その気がある。胸があるのが嫌いなのではなく、胸以外のところにエロさを感じるようになってきたということだ。こういう話をするとたいがい各人で好みが細分化されていて議論が終わらない。しかしそれでもこういう話をするというのはやはり面白いのだ。人の趣向というのは自分以外の価値観の存在と新たなる視点を確立してくれる。その中でも力強くあるものが本当に好きなものなのだろう。共学校の男子生徒もこんな話をするのだろうか。凄く意見交換をしたい。

2006年11月22日01時13分02秒コメント:3

20061118003745

ツタヤが割り引きなのだ。行くしかあるまい。ということで行ったんだが、なんと言うか田や吉祥寺店只者ではございません。
とりあえず今回の目的は電気グルーブとホフディランを借りることだ。そして予定通りそれらをかごにぶち込んでいく。しかしまだ余裕がある。何を借りようか。そう思って棚を見るとホフの横にポラリスが大量に!!な、なんてことだ……。高円寺まで行かないと無いと思われたのにまさか吉祥寺のまさかツタヤにあるとは……。衝撃を受け、持ってないものを端から放り込んで行く。そしてボアダムスも放り込む。この時点で一つ目のかごには入りきらないので二つ目を用意。さらに横にスライドするとROVOが……たくさん……。迷わず入れる。空気公団も発見。当然かごへ。しかし予想外にマイナーなのも置いてるな。ここでOOIOOとかあったり……ってボアダムスがほとんど無いのにあるわけあった!!!何でか二枚もあった!!やべえ、やべえよ!!横にある岡村靖幸の「家庭教師」も借りる。こうなったらノリでbonobosも借りちゃうぞ!!よしレジだ!!
という流れを経てCDを35枚借りた。4200円だった。文庫本の2倍くらいの高さがある。3時間近くやってるのにインポートが終わらない。

ようやくエスが直ったらしい。知らせを受けたとき思わず唸ってしまったらキモイだの怖いだの言われた。まあそれくらい嬉しいのだ。慣れないかなめくり方式のキー押し作業からも解放されると言うわけですな。ネットもサクサク出来るわけだ。何もかもが嬉しいぜ。

人のバンドの名前を読みにくいとか言って変えるという身障的行動を目撃してしまった。頭が悪いというより人が作ったものに対する敬意がなさ過ぎる。読みづらいとか言いづらいとかあるかもしれないがそれを勝手にかえるというのはその名前をつけた人を冒涜してるもんだと思う。名前と言うのは存在というものと同義。それを公式の場で勝手に変えて呼ぶということは勝手に自分の世界を人に押し付けているって言うことだ。そういうことが分かって発言しているんだろうか? いくらなんでもあれは素人だからとかそういう理由で片付けるべき問題じゃない。意識が低いとしか言わざるを得ない。昔どこかで聞いた、女中というのが差別発言だから夏目漱石の作品の中の女中という単語を変えたいと申請した奴の話を思い出した。こんな奴が教師じゃ子供はかわいそうだ。

2006年11月18日00時37分45秒コメント:0

たまには十時より前に更新をしてみる。

舞城王太郎の単行本の表紙を書いているのが舞城王太郎自身だということを聞いて感動した。文才もあって絵の才能もあるとか反則じゃねえ?あとあの人は絶対覆面作家だと思います。

高円寺に行ってCDを借りに行った。15枚近く借りたら店員が笑ってた。珍しいのか?気のせいか?自意識過剰か?ツタヤは明日借りに行く。電グルとかね、欲しいよ。

書いてみたはいいが夜が更けてこないと上手く頭が回ってこない。文章を書きづらい。やっぱり次回からもっと遅くに更新します。

2006年11月15日21時37分26秒コメント:2

いつの間にかTSUTAYAが半額に。サプライズよりもお知らせのメールが来なかった方が腹立たしい。

携帯が代替機なのを見て「君が二つ折り携帯を持ってると違和感がある」と言われた。なんか俺=エスのイメージが定着してるみたいだが、auだった時とウィルコムに代えてから合わせて二つ折りの期間の方が長い。イメージって言うのは適当だ。確にエスのインパクトは大きかったのかもしれないが、そこまで染み付いていたのは予
想外だ。まあ自分もそういえばエスにしてから二ヶ月位かと思っていたらもう四ヶ月近く経っている事に驚いた。やはりイメージというのは適当だ。

亀は意外と速く泳ぐという映画がある。上野樹里と蒼井優が出ている。つまりはワンツーフィニッシュであり二冠であり二連続ホームランなのだ。わかるか、この昂りを。WOWOWの番組欄でこれを見つけたとき感激してしまった。これは録画しなくてはならないと固く誓ったのだ。しかし何だ、我が家のレコーダーではスクランブルなし
が撮れぬと、何の因果かそのような困難が私の前に立ち塞がるのだ。悩んだ挙げ句学校を休もうとさえ思った。しかし神は私を見捨てなかった。多治見が、エロ大納言多治見が録画してくれるという。ありがたや、ありがたや。でも学校さぼって見るかも。そこら辺は朝のテンションによる。

美人を見る度に「ああ、この人とは人生において一度もクロスしないのかな…」と思うとじわじわ悲しくなる。何だか自分で作った拷問器具に、自分で捕まってるみたいだ。間抜けだ

2006年11月15日00時44分02秒コメント:0

20061112235138
宇宙人による地球人連れ去りの現場。

レポート終わるかかどうかはいつ自分の意識が変わるかが鍵。意思の弱さが今日も発揮され空耳アワー何ぞを見て過ごしました。ネットに繋がってないパソコンが欲しい。同じ結果かも、と言うか同じ。残念ながら。

我が家も晴れてWOWOWユーザーや!って思ったのにスクランブルが消えない。早く見たい。

2006年11月12日23時51分38秒コメント:0

今日は暑かった

前にもお伝えしたが、我が携帯はぶっ壊れてメールが凄まじくやりづらくなった訳だが、我慢しきれなくなったキレる十七歳(本当は十六歳)の武田君は東中野から新宿まで風邪の体にムチをうちえんやえんやと歩いて、汗だくになり、若干汗で体が冷えながらも新宿センタービル三階にそびえ立つウィルコムプラザ新宿へ向かったのだ
。何故電車で行かなかったかというと、ここで新宿までの往復の金を使えば帰りに本を買うのに一万円札を崩さなくてはならないという非常にめんどくさい事態になりかねないとの危惧があったためでだからである。結論から言えば乗っても別に状況は変わらなかったんだが。で行ったら、直りません、修理ですね、代替機です。とい
うわけで今この文章をいわゆるテンキーで打っている。これが嫌でエスを買ったというのに……。およそ二週間の我慢だという話だ。やっぱりあれが一番打ちやすい。小さいつを打つ度にイライラがたまるのをどうにかしてほしい

2006年11月10日23時03分50秒コメント:0

携帯をいい加減直す。

本当は明日飲みに行きたかったんですが、キャンセルします。というのも、今風邪を引いて治療のため風邪薬を飲んでいて、ここで風邪薬を飲んでかつ酒を飲むという行為を行えば「おいおい、おまえどこのぐっさんだよ」と言われること請け合いなのです。パパママごめんね僕はジャンキー。そんな状況は嫌。よって誠に遺憾ながらお断りさせていただきます。できればいつかまたやりたい。

塾に行ったら教室の中に男が自分一人だった。男女比1:15くらいだった。普段から二人しかいないのに一人が休んだため結果として自分一人。しかもどんどん女の数が増えていく。そして塾に入ってから生徒と会話したことが一度もない。ディスコミュニケーション状態だ。

2006年11月09日23時49分08秒コメント:0

多治見君の童貞の心を忘れないハンタースピリットに感動した。あ、あれはただ者じゃないぜ……(ゴクリ)

小野妹子って生きてた時点では、後世のガキどもに「何こいつ女みたいな名前じゃーん!」とか「こいつ実はオカマ何じゃねえ?」とか辱められることなんて予想してなかったんだろうな。ただこの人が何やったかは具体的に知らない。すまん、妹子。

テストが相変わらず点数低いんだが、何とも言えない細かいミスをたくさんしており、それも実力なのは分かるんだがそれにしても納得が行かない。ミスをすると悔しい。考え方はあっているのに全部が×になっているとなおさらだ。

今日は風邪気味だったので体育を休んだ。宮田と松田は怪我を押しての出場らしい。温度差が凄い。2学期になってから初めて審判をした。久しぶりの笛に気分が高揚し弄んでいたところ誤ってボタンをタッチ。振り返るプレイヤー。
「何!」
「いや、なんでもないっす」
「え、何?」
「いやその押し間違い……」
「は!?」
「すいません押し間違えました!」
「…………」
みんなもっと落ち着けよ。これは紳士のスポーツだぜ?

そんなハプニングを挟みつつ試合が終わると我が班は前期優勝チームに2ー2の引き分け。……俺次も休もうかな。

2006年11月08日00時26分42秒コメント:1

次のページ
 
トップ

01  03  12  07  05  04  01  04  03  01  12  11  10  09  07  06  04  03  02  01  12  11  12  08  07  06  05  03  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 

 
 
 
Copryright(c) 2006 どこまでも嘘八百. All Rights Reserved.
Created by 素材屋さんブログ.