FC2ブログ
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日--時--分--秒コメント:-

今日は30分だけ行けた。とりあえず広い。前はデパートだったから柱や店で区切られて狭く感じていたらしく、ヨドバシカメラは白くてだだっ広い空間の中に整然と電化製品が並んでいて非常に心躍る空間だった。規模としては新宿西口(たぶん西口にあったと思う)くらいか?パソコンの設備の仕方が場所を広く使ってデュアルディスプレイをしてみたり色々ソフト入れたりとラオックスと比べものにならないくらい豪華。Macbookproを初めて見た。イヤホンやメディアも品ぞろえがハンパない。音響コーナーにCDJが幾つも。スピーカー大量。ゲームも周りのゲーム屋をつぶしにかかるような本気の品ぞろえ。そしてAVとエロゲーも販売中。ここにヨドバシカメラの本気具合を見た。まさかエロゲーとはね……。AVも桂花の隣の一階くらいは確実においてあった。
色々見るだけで3時間は確実につぶれる。恐ろしい店が出来ちまった。そして吉祥寺が何でもそろう新宿みたいな町になりつつある。

2007年06月30日23時57分22秒コメント:0

$B5H>M;{$K$O%G%Q!<%H$,$d$?$i$H$"$k$N$@$,!"$=$N$&$A$N0l3Q$r@j$a$F$$$?6aE4$,$D$V$l!"2?$K$J$k$+$H;W$$$-$d;01[$K@8$^$lJQ$o$j!"$=$N;01[$b$D$V$l$FK\F|%h%I%P%7%+%a%i$,%*!<%W%s!#$^$:8aA06e;~H>3+E9$K$b4X$o$i$:H,;~0L$K$OE9$NA0$K$O:B$j9~$_$N9TNs!#$6$C$H(B100$B?M!#$J$<!)EE5$20$K9TNs2?8N!)E9<+BN$O$5$9$,A0$O%G%Q!<%H$,=PE9$7$?$@$1$"$C$FAjEv%G%+$$!#A49q$G$b2?HVL\$+$N$G$+$5$i$7$$!#$7$+$b(B5$B3,7z$F!#2D0%A[$K6a$/$K$"$C$?%i%*%C%/%9$O5,LO$,;0J,$N0l$/$i$$$K$J$C$F$7$^$C$?!#$H$$$&$+:GAa:G6a$K;j$C$F$O%Q%=%3%s$H$+F~2Y$7$F$J$$!#;qK\<g5A$N(B$B87$7$$8=<B!#$=$7$F2&<T$NIw3J$N$J$;$k5;$+!"6a:"$N4D6-J]8n%`!<%I$K??$C8~$+$iN)$A8~$+$&$h$&$JEENO$N;H$$$h$&!#E9$N<~$j$K$O@($^$8$/L@$k$$EE5e$,2?==8D$bIU$1$i$l!"@5LL8<4X$NA0$K$O%I!<%`5e>l$b$+$/$d$H$$$&$h$&$J%9%]%C%H%i%$%H$,%:%i%j!#$*$+$2$G8~$+$$$N%S%k$,Lk$G$b$[$N$+$KL@$k$/8w$C$F$k!#$5$i$K$3$N%/%==k$$$N$b4X$o$i$:!J%/%==k$$$+$i$J$N$+$b$7$l$J$$$,!K69$$=>6H0wF~$j8}$+$i30$K(B10$B%a!<%H%k6a$/N%$l$?O)>e$K$b4X$o$i$:!"E9$NCf$+$iO3$l=P$?Nd5$$,B-$K!#$7$+$b4($$!#NC$7$/$J! $$!#$*$^$($5$s$I$s$@$1NdK<;H$C$F$s$8$c$$!"$H$?$@$G$5$(EE(B$B5$20$GEE5$?)$&$N$K$3$NM-MM$GL@F|4D6-J]8nCDBN$,%G%b$KMh$F$b$*$+$7$/$J$$!#(B
$B$;$C$+$/$J$N$G3+E9F|$K9T$3$&$+$H;W$C$F$$$?$,$"$$$K$/1D6H;~4V$K4V$K9g$o$J$+$C$?!#9T$1$P(B2$B;~4V$O3N<B$K$D$V$;$k!#(B7$B7n$K$O%f%K%/%m$bF~$k$i$7$$$7!#%;!<%k$G0B$$$@$m$&$+$i2?$+$7$iGc$C$F$b$$$$$+$b$7$l$s!#(B

2007年06月30日00時02分30秒コメント:0

伊坂幸太郎の本が発売されているのを偶然見つけて笑顔でレジに持っていく17歳の少年ってたぶん相当怪しいのでしょう。今年は伊坂の単行本がこれで終わりかと思うと寂しいような受験にかからなくてうれしいような。来年は死神の精度発売なので非常に楽しみでございます。表紙がすべすべしててすごくいいと思う。

期末終わったらCDでも借りに行こうか。最近何も新しいのを聞いていないのでいい加減飽きが来たように思える。西村朗とか借りようか。8ttoもミドリもフジファのでるであろう新譜も全部欲しい。ROVOがアルゼンチンのなんかとやったとかいうライブ版も欲しいです。そして俺にAVを下さい。

2007年06月28日23時37分40秒コメント:0

起きたら12時半……行っても体育の真ん中だし休む。久しぶりにパソコン。親帰宅激怒。何でこんな時間に目が覚めた……。不思議千万。しかも何故か眠くなってきた。メソポタミアー

2007年06月27日15時59分34秒コメント:0

もの凄く寝てる最近は。隙あらば寝てる感じだ。本当に座れるとこならどこでも寝られるのかもしれない。戦争とかで役立ちそうだが実生活にはないな。特に電車は人を眠らせるためにあるとしか思えない位眠くなる。寝過ごして折り返して新宿まで連れてかれたときは何がなんだか分からんかったぞ。書いてる今もすごい眠いんです。LOVE PSYCHEDELICOがすごくいいんです。音とか綺麗でいいよね。声も気持ち悪くない。LOVE PSYCHEDELICOが一発で予測で出てビビった。相変わらずどういう層に狙いが向いているのか本当に分からない。エヴァネッセンスも出てきた。

2007年06月26日23時33分35秒コメント:0

斉藤環によればエロ本でオナニーするのには結構な技術がいるらしい。少なくとも誰にでも出来るものではなくて要訓練だとか。幼い頃から漫画に接してきた、といえるほど読んでない。何せコロコロもガンガンも定期購読してなかったくらいだ。人の家に行ってはコロコロを読んでいた。今思うとよく相手は家を追い出さなかった。ゲームで盛り上がる中一人漫画だもんな。まあその時代から空気は読めてなかったわけだが。漫画だって本格的に読み始めるのだって中1くらいから。元々そういうものに対する適応性が高かったのだろうか?確かに二次元のものに対して敷居が低いのは認めるが、その心理的抵抗の差とか関係してるのだろうか?

ブックオフで立ち読みして爆笑していたら隣の兄ちゃんが一歩離れていった。結構大股で。最近感情が制御できなくて困る。本当にキチガイみたいだ。

動物化するポストモダンをもう一度読み返そうか。やっぱり社会学系の本が読んでいて一番しっくりくる。文学はあまり好きではない。まあ能力の問題か?深く読めれば楽しいのかもしれんね。

2007年06月26日01時55分10秒コメント:0

ホープ軒という結構有名なラーメン屋の隣にやたらと狭いビデオ屋がある。入り口が一畳くらいしかないのに棚がおいてあって人一人がぎりぎりぐらいの通路。たまたま通りかかってひらめいた。ここならAVを売ってるんじゃないのか。当たっていた。表の極一部はアニメと映画すぐ後ろはアイドル、といっても中学生とかのだいぶAVに近いビデオ。そして狭い通路の向こうが本丸。相変わらずクソ狭い通路を挟んでにぎっしりAV。新宿桂花傍ほどではないが面積から考えれば相当詰め込んでる。一時間近く見ていた。
気づけば女子高生もの、教師ものばかり見てた。やっぱりどうも自分はソフトM系のドMらしい。虐められるとかにしか興味が沸いてこない。ムチで打たれるとかには一切触手が動かないが、女子高生にじらされるというのが一番欲しい。ワコのような甘酸っぱい青春はいらないから美少女に放課後で犯されたかった。半分小馬鹿にされながらも犯されたかった。制服を全部脱がせる監督は何一つ分かってないのです。オナニーも見たくないです。
入り口の中学生ビデオ。店一押しの12才巨乳少女の顔がチェ・ホンマンそっくりで吹いた。

2007年06月24日01時51分31秒コメント:0

このまま行ったら糖尿病になるかもってペースで甘いもんを飲んでる。かなりまっしぐら

2007年06月20日19時06分43秒コメント:0

別段最近というわけじゃないんだろうけど男性誌のグラビアとかはやたらと胸を強調したがる。何カップだ何センチだとバカデカくけばけばしい色合いで煽る。確かにおっぱいはいいかもしれないがいい加減それ以外も強調したら、と思う。次は尻なんだろうけど尻もそんなに好きじゃないので困ります。だから女性誌とか読むとすごくかわいくていいなあと思う。しょこたんだって女性誌の方がかわいい。

2007年06月09日02時24分13秒コメント:0

今日は世界史の講座を3時間近く教師と二人っきりで過ごし、終わったあとも2時間くらい二人で話した。どんだけ話してんだよ。元々講座には俺含め二人しかいないんだがそのうち一人が麻疹とか何とかで来ないので二人っきりの授業。初めてだが特に感動も緊張もない。普段通り。ただ二人きりでも若干授業が聞き取れないのはどうかと思う。そしてそのことを言えない自分。

2007年06月03日00時43分58秒コメント:0

同級生が頑張ってかっこいい何かを作り出しているのを見ると凄まじい劣等感に襲われる。僕の周りの人間は何故か知らんが才能のある奴らばかりで自分より面白いものを次々作り出している。自分にはそういう才能がないという事実が友人たちの作り出すものによって次々と暴かれてしまう。そしてそれに発憤して何かを作り出すということもなくただただ劣等感と軽い絶望が心を蝕んでいく。悔しいし、焦る。焦るというか走り出したい気分だ。この負の感情はいつかプラスに転化されるのだろうか、それともいつまでも胸の中でくすぶり続けるのだろうか。奈須きのこが初めて書いてきた話を読んで武内は泣いたらしい。これは特別なのか?作りたいものも分かっている。作るために色々捨てる気でもいるが僕の作りたいものは現実となるのだろうか?それともただの脳内妄想に終わる?カテゴリーは役に立たない。いい話を。

2007年06月02日01時49分13秒コメント:0

最近知り合いが好きな人が欲しいなどとの賜っている。いいことじゃないかと思うが、そんなに日常に飢えを感じているのかと思うとちょっと可哀想でもある。僕は塾にやけにかわいい(みんなから見たら微妙なのは常のことだが)受付の人がいて。まあその人を好きというかどうかは分かりませんが、その人と話してると耳の後ろがかあっとなるので、そういう風なことを感じてるっぽいです。そういう意味では惚れやすい僕は満たされているので。やっぱりハードルが高いよりハードルが低い方が得だと思うんですよね。他人の評価で幸せとか感じる訳じゃなくて、幸せは自分自身が感じるものだからハードルが低い方がより幸せになれるってことですよ。合コン、がんばって欲しいと思ってます。敬語を貫き通せばいいと思います。自分のスタイルを通した方が楽ですよ。

2007年06月01日20時05分23秒コメント:0

 
トップ

01  03  12  07  05  04  01  04  03  01  12  11  10  09  07  06  04  03  02  01  12  11  12  08  07  06  05  03  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 

 
 
 
Copryright(c) 2006 どこまでも嘘八百. All Rights Reserved.
Created by 素材屋さんブログ.