FC2ブログ
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日--時--分--秒コメント:-

15日 1月生まれ3人と2月生まれ1人が雁首揃えて互いを祝い合う。吉祥寺のシャレオツ飲み屋は店員さんが多少変な言葉遣いだった(らしい)を除けば料理、雰囲気ともにとびきりのお店でした。美女二人とメガネ二人で魚やハムを食らい、ケーキも登場、舌鼓を打ち、挙句の果てにプレゼントが翔び交う始末。影のフィクサー的な感じでほくそ笑んでいた私もサプライズのプレゼントをいただき目を見張る思い、そして至福。わざわざリブロやらロフトやらを右往左往した甲斐があったというものです。皆の笑顔がなによりのプレゼントですわ。じつにほっこりとした気持ちで退店。心残りは財布の薄さに怯えるあまり料理を腹一杯堪能できなかったこと。次回は厚い財布で馳せ参ずるのでお待ちあれ。

16日 なんやかんやで宴は始まってしまったなか、非常に遅れてひばりヶ丘、鍋である。久々に会う二関の髭面に懐かしさを覚える。煮立った土鍋に豚肉を次々投入し、葱などと共に無心に口に運ぶ。「サトケンさんは毒されている」「彼を迂回すると碌な話にならない」「そんなにいらついてよく付き合えるな」等言いたい放題。腹が膨れた段階で何故か投入される3合の白飯。意味不明。男5人で食らう。うどん、豚肉を残してギブアップ。といっても貧乏性の僕は余った豚肉を煮て食べたがね。二関にやたらとがっかりされ、ちょっと切ない。君は昔と変わった、と言い合うが真相は藪の中。過去より召喚した場合、過去の自分なんぞ醜悪すぎて殴りたくなるだろう。向こうも進歩のなさに腹立って殴ってくるやもしれないが。とりあえず、生理の話は気軽にしちゃいけない。一番しちゃダメだろ。

17日 ZAZENBOYS初ライブはまさかのトップバッターという事態を予想も把握していなかった自分の至らなさによって最初の何分かを見逃すという失態。しかししかし途中からのライブはドラム、ベースの低音がバカでかいスピーカーから発射されて俺の体を震わせまくる、内臓にくるような、地響きと聴き紛うばかりの振動によってハンデなんて物ともしない盛り上がりを見せる。曲名を瞬時に思い出せないくらい近頃離れていたZAZENだったがそれでもあのビートはやっぱり最高でした。Asobiがまた進化していた。今年はもうライブを2本も見てしまった。素晴らしい年だ。
今回のライブはローディーの人が自分の担当してるバンドを呼んだらしく、普通は出会わないような組み合わせ。なんとなく足を運んだ本屋で見知らぬ傑作に出会うような、そんなイベントだ。これを個人でできる。まつきあゆむは「1億年レコード」を自ら作り、値段を設定し、注文を受け、発送して、リスナーの許に届けている。もはや個人で様々なことが(想像でしかできなかったようなことが!)可能になっている。もう夏フェスとか言ってないでみんな自分のフェスをどんどん立ち上げるべきだな。

2010年01月18日02時30分38秒コメント:0

コメント

コメントの投稿




管理者にだけ公開する

 
トップ

01  03  12  07  05  04  01  04  03  01  12  11  10  09  07  06  04  03  02  01  12  11  12  08  07  06  05  03  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 

 
 
 
Copryright(c) 2006 どこまでも嘘八百. All Rights Reserved.
Created by 素材屋さんブログ.